• 保湿対策ならセラミドを

    • 肌の保湿を考えた時におすすめな成分がセラミドです。

      この成分の特徴は、肌自体を潤いやすい状態に変えてくれる事です。
      肌に潤いを与える成分として有名なヒアルロン酸やプロテオグリカンですが、これらの成分の特徴は高い保水力です。

      特徴のあるファスティングのやり方の有益な情報のご紹介です。

      その保水力によって、肌に一時的に水分を溜め込む事が出来ますが、成分が蒸発すれば肌は元の状態に戻ってしまいます。
      ですから、肌自体が常に潤いのある状態に変わるかといえばそうではありません。



      それに対して、セラミドというのは、肌細胞の間にある細胞間脂質を作る働きを持っています。
      細胞間脂質は肌の中に水分や油分を溜め込む働きをするもので、この細胞間脂質がしっかりとあれば、それだけ肌は潤いやすい状態となります。

      T-SITEの詳細情報となります。

      そしてこの細胞間脂質というのは肌細胞の間に作られるものですから、ヒアルロン酸やセラミドのように時間と共に蒸発をしていくという事もなく、細胞間脂質を増やす事が出来れば、肌は常に良い状態を保ちやすくなります。ただ、細胞間脂質というのは、肌の中にすぐに作られて、その潤いの状態を実感できるというものではありません。ですから、効果を実感するまでしっかりとケアを続けていく事が重要になります。その期間もしっかりと肌に潤いを感じたいのであれば、即効性のあるヒアルロン酸やプロテオグリカンでのケアをしておく事がおすすめです。
      成分の特徴を知ってケアをする事で、肌にしっかりとした潤いを与えやすい状態を作れます。

  • 医療の実態

    • セラミドの種類について

      低刺激で保湿力が高いことからセラミドの配合されているスキンケア用品や化粧品は人気です。しかし、セラミドにも種類があり、それぞれ特徴が異なるため自分にあった種類のものを選ぶことが大切です。...

  • 医療の話

  • 基礎知識・最新考察